サーフィンのテイクオフのタイミングは?加速の練習に足姿勢のコツも

この記事は3分で読めます

サーフィン

 

サーファーの皆さんこんにちは!波乗り野郎のふくたろうです。
サーフィンは本当に最高ですよね。うまくなったらもっともっと楽しくなるので、ガンガン練習していきましょう!

サーフィンの第一関門はテイクオフとも呼ばれていますテイクオフとはパドリングをして波に乗る瞬間の動作のことをいいます。初心者の方は難しいかもしれませんが、これは練習していけば必ず習得出来るようになるので練習していきましょう!

サーフィンは奥が深く、課題を一つクリアしてもまた次の課題が見つかってくるので練習する事はたくさんあります。ですが、

最初の難関であるテイクオフ(波に乗る)ことが出来たならばそのあとは楽しみながら練習していけます。それは、波に乗る楽しさを味うことができるからです。

サーフィンはやった事もある人は多いですが、初めのうちで辞めてします人や、できずに諦めてしまう人も多いのも事実です。確かに気持ちもわからないでもありません。初めの頃のサーフィンとても難しいです。海という場所でやること、波がないとできない事、出来るようになっても間が空いてしまえば体が忘れてしまうこと、などなど・・。

ゆえに、テイクオフのコツをいかに速く習得できるかがキーポイントになってくるのです。まずはテイクオフのポイントを頭に入れ、そして実践という風にしていきましょう!何も考えないでただ練習するのでは、いつまでたっても上達はしません。
テイクオフまではなんなく突破していきましょう!

スポンサードリンク
[ad#co-2]

テイクオフのタイミング

テイクオフにはタイミングが非常に大切になってきます。もちろんポジショニングが出来ている前提で話を進めていきますが、タイミング一つでテイクオフ出来る回数は格段に上がっていきます。

*ショートボード

ショートのテイクオフは「ピーク」で乗る事です。というか、初心者の方はピークでさえもテイクオフ出来ないことが多く、かろうじてテイクオフ出来たとしてもワイプアウトをしてしまいます。(波にのまれること、こける事)

これはタイミングが間違っていると言えます。大事なことは、ピークに合わせて乗ることです。ショートの場合、うねりからは乗れないので、ピークポントを見定めてそこのポイントにパドリングし、ピークがきたら平行を保っていた板を前重心に重心を入れ込み、一気にパドリングします。テイクオフが出来ない多くはピークで乗れていないことになりますし、ピークで乗る事を意識するだけで格段にテイクオフは上達します。

また、テイクオフをしてから立つタイミングですが、これは板が走ってからで大丈夫ですし、慌てて立とうとしてしなくても大丈夫です。ベテランサーファーはスタッと立っていますが、あれは多くの練習と経験からあのようにカッコよく無駄のないスタンドアップしています。一瞬で立っているように見えますが、一連の動作が素早いだけなので、特に一連の動作の中でどこかを省いているわけでもないのです。初心者の方は一連の動作が遅いので、一個一個の動きが長いだけで、練習していけば一連の動作が速くなり、動作はドンドン一瞬に近づけます。
そのようにして、タイミングとしてはピークで乗る事を意識しましょう!

*ロングボード

ロングボードのテイクオフは比較的簡単で、うねりから乗れます。ショートボードに比べ動作もゆっくりしているので練習すればすぐにテイクオフが出来るようになります。ロングボードのタイミングとしては、テイクオフできるポジションを発見することにあります。これにはたくさんの練習が必要になりますが、「波が来てうねりの段階でパドリングして板が滑る感覚のタイミングを体で覚える」ことです。それと、これはショート・ロング共にいえるのですが「波に押される感覚」で波に乗ることで無駄な力が抜け、波のパワーをダイレクトに利用できます。波に合わせるという表現も当てはまります。

*加速するにはどうすればいい?

テイクオフ時に加速する方法は波のパワーを感じることです。海でサーファーの研究をしていますが、初心者の方だろうなという方のテイクオフは力任せという印象を受けます。そんなに力を使わないでも波のパワーを自然に感じて利用できれば、力むほどの力は入りません。ですので、あなたが初心者や中級者であれば力でなんとかするのではなく、波の力をうまく使い、ナチュラルなテイクオフを目指してみてください。きっとサーフィン全体が自然なものになっていく思います。相手は自然なのですから。

まと

いかがでしたでしょうか?第一関門のテイクオフを速く習得し、波に乗ることを楽しみましょう!その先にはまだまだライディングや細かなスキルをマスターしていかなければなれないので、「テイクオフはもう大丈夫」というぐらいまでになっていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。サーフィン最高!!

スポンサードリンク
[ad#co-2]

関連記事

  1. ファンボード
  2. 2
  3. 注意
  4. サーフィン
  5. 波
  6. サーフィン ターン