サーフィンのパドリングのコツは?バランスの練習や筋肉強化に重心も

この記事は3分で読めます

2

サーファーのみなさん、こんにちは!波乗り野郎のふくたろうです!
現在は沖縄に滞在しているのですが、残念ながらここのとこ波がなくて海に入れていません。
しばらく海に入らないと海水が恋しくなって、毎日が味気ない気持ちになります。
まあそんな事を言っても自然を相手にするワケですから、できない時はサーフィン動画を見たり、体を鍛えたり、仕事したりして海に入れるその時を楽しみに毎日を送っています。

[ad#co-1]

さて、本題に入りましょう。今回は「パドリング」について考えていきたいと思います。
パドリングって一言で表すとキツイ!セットが立て続けに来た時なんかは本当にしんどいですよね。
パドリングしてもしても全く前に進まず悪戦苦闘・・
そんな時、「パドリング力があれば楽に沖に行けるのにな」と思ったことがあるのではないでしょうか。
そこでパドリングのコツをお伝えしていきます。

まず海で良く目にする光景として、明らかにパドリング力が無い人が見受けられます。
これはそもそもの練習不足ですが、それとは別に方法が間違っているのです。
パドリングの目的として、前に進む推進力を得ることです。
つまり、パドリングで前に進まない人や遅い人はなにかが間違っているのです。
力の無い人でもパドリングが速い人はたくさんいますし、いくら体が頑丈でもパドリング力が乏しい人はいます。
ということは、「パドリング力は力では無い」という風に思いますが、そんなことではありません。
どういう事かというと、パドリングには筋力と理論の2つが必要なのです。

パドルリング上達の2つのこと

・パドリングの筋力
一般的にパドリングはパドル筋と呼ばれ、海で練習していくうちに自然を身につくものです。陸上でトレーニングするのならば、長時間姿勢が保てるように広背筋を鍛え、同時に三頭筋を鍛えるのがいいですね。ただ、パドル筋はどちらかといえばインナーマッスルなので、筋肉の層の内部を鍛えていく必要があります。個人的にはインナーマッスルはパドル筋にはもってこいだと思います。チューブトレーニンブなんかがこれに当たります。

・パドリングの理論
冒頭でもお伝えしたように、力が無い人でもパドリングが早い人はいます。これらの人は「理論」を踏まえた上で実践しています。推進力をいかに得るためにはどういった腕の使い方がいいのか、どうしたら楽にパドリングが出来るか、という風に考えてします。ようするに頭を賢く使っています。

という風に、2つのご説明しましたが、これらの両方ができているのが上級者やプロの方です。
したがって、パドリン力をつけるということは「パドル筋とつける」こと「理論を勉強する」ことになります。

パドリングのコツ

では実際にパドリングをする際のコツをお伝えしていきましょう。
大きく分けてあります。

①推進力を意識
②体の近くをとおす
③背中で漕ぐイメージ
④頭を固定する
⑤胸を反りすぎない
⑥リズムをとる
⑦深くを漕がない

 

では、上から順に説明していきましょう。

[ad#co-1]

「推進力を意識」ですが、ただ漕ぐのではなかなか進みません。

意識するだけだ全然違ってくるので実践してみましょう。

「体の近くを通す」、これが一番板が進みます。ハの字のようにしてパドリングするという意見もありますが、前に進むことを第一に考えたら個人的にno goodです。(ハードなコンディションならばいいかもしれません)

「背中で漕ぐイメージ」ですが、パドリングを腕だけでしようとしても力の伝わりが小さく、大きな推進力を得られません。しかし、背中で漕ぐイメージをしていれば使う筋部位は腕+広背筋になります。背中の筋肉は大きいのでより力つよいパドリングが出来るほか、長時間パドリングができるようになります。

「頭を固定する」ですが、体がブレては前に進む力が左右に分散されてしまいます。体を一本の芯を通すようなイメージがいいですね。

「胸を反りすぎない」ですが、胸を反ることはパドリングをする際に良いことです。しかし、胸を反るのがいいか!といって反りすぎては背中がブロックしてしまい疲労が溜まるに加え、方周りの筋肉の可動域が狭まれ、結果として疲れやすく無駄なパドリングになってしまいます。反りすぎないでリラックスです。

「リズムをとる」ですが、これは結構使えます。リズムを取りながらパドリングをすると推進力が最大限に生かされます。

「深くを漕がない」は、非常に大切なことです。これはパドリングの目的を考えたらわかります。パドリングして前に進みたいのに深くを漕ぐ行為は、どちらかといったら上に浮上する行為です。ですから、パドリングでは深くを漕ぐことはno goodです。海面あたりを漕ぐようにして、前への推進力を得ましょう。

バランス練習には

と、ここまでパドリングに関してずらっと書いてきましたが、もう一つ重要なこととして
バランス感覚が大事になってきます。
バランス感覚ならば、たとえ海にいなくとも養うことが出来るので
日々の生活やトレーニングに加えることができれば、板の上でのバランスのほか
ライディングにも使えるので積極的に練習していきたいところですね。
バランス感覚をつけるには、次の練習があります。

・体幹トレーニング
・ストレッチポール

もう、これにつきますね!体幹トレーニングをすれば格段に体がブレなくなります
海の上は不安定な場所ですから、陸上の練習でこれでもかというぐらい体幹トレーニングをすれば
サーフィンがとても楽になります。
「海の上で苦労しないためにも、陸を頑張る」どこかの格言のように聞こえますが
これは事実です。
また、ストレッチポールでは体のバランスを鍛えることもできますけれど、もう一つ大事な意味があります。
それは、体の軸を整えることです。
バランス感覚を鍛えても根本的に体の軸が歪んでいては、元も子もありません。
ストレッチポールの効果は目をみはるものがあり、ストレッチポールの上で寝っころがるだけでも
背骨のラインが強制されます。
是非、サーフィンをうまくなるためor楽しむためにも、これらのトレーニングを試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
パドリングが出来るようになれば、サーフィンがとても楽になります。
コツさえつかめば体力消費が軽減されるので、一本一本に集中できるようになり、
他のスキル習得に力を回せられます。

それでは、サーフィンライフを楽しでいきましょうね!
さようなら。

最後までご覧いただきありがとうございます。

[ad#co-1]

関連記事

  1. 腰
  2. 注意
  3. サーフィン
  4. リーシュコード
  5. サーフィン
  6. 波