サーフィンのマナーやルールが悪いのは初心者かローカルか?

この記事は3分で読めます

サーフィン

サーファーのみなさん、こんにちは!
波乗り野郎のふくたろうです。

私は今、沖縄のゲストハウスに滞在してこの記事を書いていますが
海外の方が多く、たくさんの仲間もできました。
昨日はクリマスス会をみんなでしまして、
朝方の4時までどんちゃんさわぎでした!半袖水着で過ごせる沖縄のクリスマスを体験できたことは
私の人生の中で忘れる事のできない思い出です。友に感謝です。

[ad#co-1]

さて、今回のテーマは「サーフィンのマナー」についてです。
サーフィンをする際に気をつけてほしい事がこのマナーで、
知らないままサーフィンをしていては他のサーファーとトラブルになりかねません。
例えば、たばこのマナーに例えると
禁煙区域でたばこを吸う事はマナーに反しますし、
周りの人からたばこと同じで煙たい視線がきます。
この時、禁煙区域でたばこを吸った人がマナー違反ですよね。

マナーとは、絶対守らなくてはならないルールとは別個のもので、
ルールと比較すると曖昧な要素があります。

この曖昧さが極めて微妙なラインであることから、マナー違反をしてしまう人が一定多数いるわけです。

話を戻しますが、マナーは私たち人間が集団の中で過ごす上で
必ずつきまとっていきものです。
ですから、マナーはなんて関係ない、自分でがよければそれでいい、という人は
集団の中から毛嫌いされてしまいます。

マナーを意識すればお互いが気持ち良くなりますので、
私たちサーファーは海でのマナーはもちろんのこと、
日常生活でもマナーの心構えをしっかりともっておきましょう。

海は自然のもの、人間のものではない

海でのマナーを知らない初心者を除けば、たいていの人はサーフィンをする際のマナーは
守られてるといった印象です
。初心者の方でも、マナーを知れば同じことは繰り返さないと思います。それは、前乗りの禁止だったり、一本の波でレギュラー・グフィーそれぞれ一本乗る事ができる、などなど大まかにはこの2つを守っていれば大丈夫です。マナーといえばマナーですし、ルールといえばルールですね。先に波に乗っている人の波を横取りすることはごく自然に考えてみればよくない事だと考えられます。
これらのことはサーフィンをする上で当たり前な話なので流しますが、
問題なのがそのポイントでのルールです。
これが非常にやっかいなのです。そのポイントによっては暗黙のルールみたいなのが存在し、
多くの人が「なんだか面倒だな」と感じているのではないでしょうか。
私からしたら、海は誰のものでもないので、勝手にルールを決めるのはおかしいと思いますが、
必要なルールはあった方がいいと思います。
ただ、その以外のことではたとえローカルの人でも考えを改めた方がいいと感じます。
まるで自分のテリトリーであるかのよう自分を誇示し、周りを寄せ付けない雰囲気を出す事は
私の意見からしたらサーファーではないように思います。ただ自分勝手な人が海で遊んでいるとしか見えません。
全てのポイントがそうではないですが、だいだいはそのような感じです。

[ad#co-1]

ローカルが愛してる海を土足で入ってくるようなサーファーはけしからんと思いますし、

またローカルだからなにしてもいいというわけではありません。
こう考えてみると、どちらも「対ヒト」になっているのがわかりますよね?
そうではなく、本来あるべきモデルとしては「対自然」であるべきなのではないでしょうか?

外来者は、ローカルが大事にしている海に入る時はその海を愛しているローカルに敬意を払うことは大事なことだが、敬意を払うに値しないローカルは無視しましょう。そんなのはローカルでもなんでもありませんから。

ローカルは海を愛し自分のものにしたい気持ちも分かるが、そもそも海は自然もの。

その海に入るのは自分だけではなく、他のサーファーもその場所で波乗りをしたいのです。

このことを今一度考える必要があります。

 

と考えると、一番けしからんのがローカルでもないベテラン風サーファーでしょう。

その土地に住んでいるわけでもなければ、我が物顔で自分よがりの態度をする。
多少ローカルの方と仲良くなっているから顔が広い、そんなサーファーですね。

これについてはローカルの方も同感していました。

 

終わりに

上手い下手関係なしで、どちらも同じサーファーです。
海が好きで波乗りをしたい気持ちも同じです。
お互いがそういった気持ちでいれば、波乗りの場がとても気持ちよくなりますね!

最後までお読みいただきありがとうございまいた。

[ad#co-1]

関連記事

  1. 2
  2. 注意
  3. 海
  4. サーフィン
  5. 腰
  6. サーフィン ターン