サーフィンのリーシュコードが切れる寿命は?選び方やつけ方に長さも

この記事は3分で読めます

リーシュコード

サーファーのみなさん、こんにちは!
波乗り野郎のふくたろうです!

今回は「リーシュコード」に関する記事です。
サーフィンをする時に必要になるリーシュコード(以下リーシュと表記)は、
サーフボードと自分をつなぐ大切な命綱です
リーシュコードは決しておろそかに考えず、
日々の点検が必要になりますので、海へ入る際にはチェックする習慣をつけましょう。
頑丈にみえるリーシュコードですが、切れる時はあっさりと切れます。
私自身まで海の中で切れたとこはありませんが、周りのサーファーの話を聞くと
意外にも多くの人がリーシュが切れた経験があると聞きます。
泳力が自身がある人なら岸まで泳げば大丈夫だ、とそこまでパニックになることは
ないでしょうが、それでもハードはコンディションの時はそういった人でも焦るといいます。
ですから、リーシュコードの点検はサーフィンをする上で必須条件になってきます。
自分の命を守ってくれるリーシュは最大限の注意払う必要があるので、
これをきっかけに意識を改めましょう!

リーシュコードは寿命は長くとも一年といわれています。
1年もたたずに切れてしますことだってあり、たいていは海に入っている時でしょう。
こまめにリーシュコードをチェックし、1年たっても使える状態でもその後に切れる確率が高まっている状態なので、もったいないと思いますが思い切って買い換えましょう。
それでも、買い換えることに思いとどまったらこう自分に言い聞かせましょう。
「リーシュコード4000円と自分の命はイコールだろうか?」
海でリーシュコードが切れると下手をすれば死んでしまうことだってあります。
そういうことを考え、何が起こるかわからないのが大自然の海です。
新品を買ったって波のパワーが強ければ切れてしまうことだったあるのですから、
1年間切れる事がなかったリーシュコードは「ありがとう」と感謝の気持ちをもって
手放しましょう。
またどんなものがいいのかという声があるのですが、
ショートボートだったら6ftロングボードだったら9ftが目安になります。
ボードの長さにあったリーシュコードを選ぶ事が大切で
ショートで9ftのリーシュを使うと邪魔で邪魔で仕方ありません。
反対に、ロングボードで6ftあたりのリーシュを使うと
短くて板の上で動けません。

[ad#co-1]

サーフィンをする以上、サーフボードだけに頼っていては危険です。
いざとなったとき、岸まで帰ってこれるだけの泳力がなれれば
サーフィンをすることはやめた方がいいです。
海を甘く見てはいけません。自分を過信してはいけません。
その時はいきなりやってきますので、そうなったときの対処法と力がなければ
大きな海の中ではパニックになっていまいます。
パニックになってしまっては本当に危険で、なにをしていいかわからず
ただただ慌てふためいてしまうだけです。

私自身の経験でいうと、サーフィン始めの時に恐怖体験をしました。
友人2人とサーフィンをすることになり、千葉の海へ行きました。
全くの初心者だった私は友人にファンボードを借りて
海へ入りました。パドリングぐらいはなんとなく出来たので、
沖へ沖へと行きました。
そして、全然進まないなーと思っていたらカレントで大きく流されていたのです。
その場所は左右からのカレントがものすごく、身動きができず、その時にパニックになりました。
とにかくこの場をなんとかしなくてはと思ったのですが、なにもできず「死ぬ」と生まれて初めて
その時思いました。近くにコンクリートの壁がありましたが、よじ登ることはできない高さで
パニックになりながらもたくさんの事を考えました。
と、その時テトラポットを遠くに見つけました。
その場所までは50メートルくらいでしょうか、そのぐらくの距離があり、
懸命にテトラポット目指してパドリングをしました。
無事、テトラポットに着きよじ登って陸に上がる事ができました。
本当に恐怖体験でした。

今思えば、その時は台風のコンデションで初心者にはかなり危険です。
その海の地形やカレントの流れ、どういう海かということを一つも把握していなく
たくさんの事を学びました。
そんな恐怖のサーフィンデビューだったので、
サーフィンに関してあらゆることを勉強し、リーシュコードもことはもちろんのこと、
あらゆる事態を想定した時のことまで細かに調べていきました
泳力をもっともっとつけ、考えられる危険はすべて排除してように心がけました。
そうすることによって、波乗りに専念できるからです。そして、そうしてでも

何が起こるかわからないのが海なのです。
でも、リスクを回避していけば起こる危険は最小限に減らす事ができます。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
リーシュは1年、命が大事!
楽しいサーフィンライフを!

[ad#co-1]

関連記事

  1. 海
  2. サーフィン
  3. 2
  4. サーフィン1
  5. サーフィン
  6. 波