サーフィン上達過程の期間や回数は?コツはスクールだと早い?

この記事は3分で読めます

波

サーファーの皆様こんにちは!
波乗り野郎のふくたろうです!

今回は「サーフィンの上達」についての記事になります。

サーフィンはものすごく楽しいですが、その楽しさを得られるまで
は多くの期間と練習が必要になります。

運動神経に自信がある人でさえ、サーフィンだけは別ものと
言うほどサーフィンは難しいです。

それでは実際にどのくらいの期間でうまくなるのか?どのくらいの回数練習すれば上手に
なれるのかと考えていきたいと思います。

サーフィンはできるようになれば、本当に楽しく日々の生活に
彩りや活力を与えてくれます。

それではさっそくまいりましょう〜!

どのくらいでうまくなる(上達する)?

サーフィンを始めたけれど全然上達しない、という方は非常に多くいるのが現状ですが
毎回課題をもって取り組んでいけば、比較的早くレベルが上がっていきます。

初心者でしたらとにかく練習量がすごいので、
早くて一ヶ月でそこそこ乗れるようになるんじゃないかと
思います。

初心者の方でしたら、まずはとにかく一ヶ月とことこ詰めて練習すれば
サーフィンの第一関門は突破できます。

突破できないと、サーフィン自体を諦めしまう可能性があるので
ここの壁をなんなく乗り越えていきましょう。

始めっからスイスイ乗れるなんてありえないことなので
とにかく始めた数ヶ月ぐらいが肝心です。

練習していけば次第にうまくなっていくので、その感覚を持ちつつ
またその次のレベルに上がっていく向上心をもって練習していきましょう。

問題なのが、ある程度乗れるようになって中級者の方なんです。

多くがここで低迷し、乗れるようになった時に過大評価をして
向上心が薄れつつあるのです。

経験があると思いますが、いつもは乗れるのに
乗れない日と乗れる日の境が多くなってこと。

一つとして同じ波がないし、その日のコンディションによって
「乗れる・乗れない」はたしかにあります。

ただ、いい波でしか乗れないようであれば
それは誰でも乗れるので、目指すところはコンディションが悪い波でも
自分のスキル次第で乗れるようになることです。

そうすれば、いい波の日にはもっともっとサーフィンが楽しくなります。

 

乗れる波を増やしていく感じでしょうか。

そうすれば海外のパワーがある波でもメイクできるスキルがつき、

 

サーフィンの幅が広がっていきます。

回数をこなしていけばカラダが覚えるので、上達の近道になりますが
そこで課題やテーマを決めることを忘れないことです。

そうすることで目標と反省ができ、どんどん上達していきます。

サーフィンが伸び悩んでいる人は、ここを持っていない人が
残念ながら多くもったいない気がします。

波が低い時に海に入らない人はうまくならない

これは断言できますね。

恥ずかしながら実際に私がそうでした・・・。

ある程度乗れるようになった時期に、腰ぐらいの波では満足できなくなり
スウェルの時しか基本的に海へ入っていませんでした。

そこまで頻繁にスウェルがあるわけではないので、海へ入る回数が次第に減っていき
今まで出来ていたことが、ある時できなくなりました。

カラダが忘れてしまったのです。

こうなっては始めからやり直しで、基礎に戻り練習して元のレベルまで戻すことができましたが、
この期間はもったいなかったと思います。

ですから、上級者以外は感覚を忘れないためにも
波がある日は積極的に海へ入りましょう。

スクールは非常に効率がよい

なにをするにも、基本がなっていないと軸がブレて何が正しいのか
わからなくなります。

スクールは基本的にサーフィンの上級者が教えてくれるので
上達のスピードは自力でやるより格段に上達します!

また、人にはどうしてもクセがあって一度ついたクセは
なかなか取れず、それが邪魔している可能性があります。

そういった間違ったクセをカラダに覚えさせないためにも
正しい知識や方法で教えてくれるスクールは個人的にgoodだと思います。

コツを掴みやすくなる、といった感じでしょうか。

今日のまとめ

・初心者であれば一ヶ月あれば第一関門突破が可能
・上達への近道は課題と反省
・スクールは土台作りにもってこい

いかがでしたか?

どんどんうまくなってサーフィンライフを楽しみましょう!
この記事があなたのお役に立てれば嬉しい限りです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

[ad#co-1]

関連記事

  1. 腰
  2. リーシュコード
  3. サーフィン ターン
  4. 2
  5. 海
  6. ファンボード