サーフィンの筋肉の鍛え方は?テイクオフや足のトレーニングも!

この記事は2分で読めます

サーフィン1

サーファーの皆様、こんにちは!
波乗り野郎のふくたろうです。

いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。

今回のテーマは「サーフィンに必要な筋肉とそのトレーニング方法」です

サーフィンにはさまざまな筋肉が必要で、パドリング力をつけるために
腕や背中をトーニングすることは大切な事ですが、それだけではダメです。

それらの筋肉はサーフィンをする上でとても重要な筋肉になりますが、
私のサイトでは「サーフィンの上達」をメインとして記事を書いていますので
腕・背中は当たり前のレベルで話を進めていきたと思います。

それでは、さっそく参りましょう〜!

[ad#co-1]

サーフィンに必要な筋肉 〜厳選5〜

・背中

これはいうまでもなく、サーフィンをする上では鍛えておきたいところですね。

パドリングをする際に背中を反るので、背筋がしっかりしていればパドリングが
楽になります。

トレーンング方法は、懸垂が適しているでしょう。

サーフィンのトレーニングには懸垂は非常にオススメで、
背中や腕のトレー二ングに加え、引く動作によって波を漕ぐ力を養えられます。

ですから、懸垂はオススメですよ!

・腹筋

腹筋はかなり大事になってきます。

サーフィンをしていると背中を反ることが多く、腹筋をしていないと
腰痛になってしまいます。

周りのサーファーでも、腰痛持ちの方はたくさんいらっしゃます・・

また、その他に腹筋はカラダを体幹を鍛えるという面でも大切になり、

板の上でカラダが安定し、ライディンクの際にも大切な筋肉になってきますので
積極的に鍛えておきましょう。

・体幹

腹筋とは別になりますが、体幹も非常に大切です。

基本的に腹筋の項目に書いてあるのと同じなのですが、
カラダの芯を鍛えておく事で、ブレないカラダが身につきます。

せっかくテイクオフをしてのにもかかわらず、
ライディング姿勢になってときにコケてはもったいないです。

体幹トレーニングをする事でサーフィンが大きく変わっていきますよ!(個人的にサーフィン上達過程で一番効果あり)

[ad#co-1]

・有酸素運動

体力をつける目的ですね。有酸素運動、たとえばランニングをすることで
バテないカラダが身につきます。

最近ゲットアウトが辛い人なんかは、ちょこっとランニングをすることによって
だいぶ楽になっていきますので、ぜひ取り入れていきましょう!

・足

足のトレーニングも意外に大事なのです。

なにもスクワットなんかで100キロとかでトレーニングをしなくてもいいので、
ランジスクワットや軽い負荷で大丈夫なので、曲げた状態で足をキープさせた
姿勢時の筋肉持久力をつけることが目的です。

今日のまとめ

いかがでしたか?

サーフィンに必要な筋肉は結構たくさんあります!

というか全身じゃん!っていいたくなりますが、その通りです!

全身を使うスポーツなのでどこか一部のトレーニングしていては、サーフィンの上達につながりませんし、
これらのトレーニングをすることによって、間違いなくサーフィンが変わります。断言します!

個人的に、体幹はかなりオススメで、結構辛いトレー二ングでやりたくないかと
思いますが、これをしておくと海で非常に楽になります。

ブレないカラダはサーフィンに必要不可欠です

面倒な気持ちを大切にしつつ、頑張ってトレーニングをし、
サーフィンライフをさらに高めていきましょう!

最後でお読みいただきありがとうございました。

[ad#co-1]

関連記事

  1. サーフィン ターン
  2. サーフィン
  3. 腰
  4. 波
  5. ファンボード
  6. 2