サーフィン中級の定義とレベル!テイクオフやボードにスクールついても!

この記事は3分で読めます

海

サーファーのみなさま、こんにちは!
波乗りやろうのふくたろうです。

今回のテーマは「サーフィン中級者」についてです。

サーフィンは初心者、中級者、上級者に大きく分けられ、それぞれが波を楽しんでいます。

その中の「中級者」が一番多いと思います。

初心者でもしばらく練習して多少何に乗れるようになったらもう初心者ではなくなるので、中級者になるかというとそれもそれで少々考えものです。

それでは、一体どこを境目に初心者と中級者は分けられるのでしょうか?

まあ、分けたところで何がどうなるかということはないのですがね!!

サーファーは皆サーファーですし、上手い下手ではなくてその人が楽しければそれでいいんですがね!

それではさっそくまいりましょう〜

[ad#co-1]

 

どのレベルで中級者?

 

これはひとそれぞれ考え方は異なりますけれど、自分の力で波に乗れるようであれば中級者で、これが私の見解です。

自分の力で波に乗れるということは自分で練習なり勉強をして波に乗れるようになったのならそれはもう立派なサーフィン中級者だと思いますし、そこにはパドリングやテイクオフにライディングの要素がすでに習得できてるのですから文句なしです

このように仮定すると、波に乗れない人が初心者ということになりますね。

考え方としてはこんな感じですね!

ちなみに、中級者と上級との境はプロとプロでない人の違いでいいのではないでしょうか?

そもそも区別しなくても良い3つのカテゴリーで、あえて区分するとし考えればこんなものなのでないか?

まず大前提に押さえておきたいのが、サーフィン自体をその人がどう位置づけで関わっているかを知る必要があります。

それには大きく分けて2つあります。

・サーフィンをスポーツとして考えてる人

サーフィンを趣味の一環として考えてる人(上手い下手問わず)

サーフィンをスポーツをして考えている人からする、初心者、中級者、上級者はきちんとした定義の仕方があるのだと思います。

サーフィンをスポーツをして考えている人からする、初心者、中級者、上級者はきちんとした定義の仕方があるのだと思います。

たとえば、この人たちの初心者とは波に乗れることは当たり前のことから始まっているので、段階が趣味のサーフィンと比べて一個上なのです。

わかりますでしょうか?

ここでいう上級者とは、言うまでもなくプロの方です。

しかし、初心者と中級者の区別は正直曖昧なところ。

多くの場合、ここの関係性を問題にされていることがあるのでしょうね。

だって、サーフィンをライフスタイルの一環を考えている人は、そんな上手い下手とか関係なく、海に入れることやサーフィンを通して感じられるなにかであったり、大きくはサーフィンそのものを楽しんでいるのです。

ですので、そういった人を初心者・中級者・上級者と分ける必要もなく、しいてカテゴリー分けをするのであれば、前章で書いたようになります。

 

中級者のボードやテイクオフ

ここでは技術的なことで話を進めていきたいと思います。

中級者のボードっていったいどんなものなのでしょうか?

私は嬉しいことに地域問わずたくさんのサーファーの方に恵まれていまして、その方たちの中にプロもいますしそうでない方もたくさんいらっしゃいます。

 

まず中級者の定義を先ほど説明した、

①サーフィンをスポーツとして考えてる人

②サーフィンを趣味の一環として考えてる人(上手い下手問わず)

[ad#co-1]

この両者の中級者の違いがあります。

*テイクオフ・・・①と②の決定的な違いはテイクオフのうまさです。当然パドリングスピードも違いますし、波を選ぶ目も養われています。また、波に合わせたテイクオフができます。それは力の入れどころと抜きどころを理解できています。

*ボード・・・①と②の人との違いは、サーフボードについての知識があることです。どの波にはどの板が合い、その日のコンディションによって板の使い分けができます。これには、板の構造がサーフィンにどう影響するのか知っています。

 

今日のまとめ

 

いかがでしたか?

サーフィンを上手になりたい方におすすめなのはスクールですね。

スクールと聞くと初心者が行くところだと思われますが、上手になろうと中級者の方でもたくさん参加されていますので、スクールは上達の近道といってもいいでしょう。

人にはどうしても癖がでてしまい、その癖を一度直してからてからまた新たに正しい方法を体に教え込むので、それだったら正しい方法をスクールから教わって方が上達度は格段に上がります。

ということで、今日のまとめとしては、同じサーフィン中級者でも2種類あることがわかりました。

あなたはどちかの中級者でしょうか?

これの区別を知ったら自分はどちらの中級者であるか分かるようになり、双方の気持ちがわかるようになるんじゃないかと思いますね。

サーフィンは上手い下手関係なしに本人がいかに楽しめ、自己満足できるかです!!

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

[ad#co-1]

関連記事

  1. 波
  2. 腰
  3. サーフィン ターン
  4. サーフィン
  5. リーシュコード
  6. サーフィン1