睡眠の姿勢は横向きが理想か?腰痛や猫背の矯正にいびき心理も

この記事は3分で読めます

睡眠

こんにちは、サーフィン大好き管理人の福太郎と申します!

現在、沖縄からお届けしています!

沖縄の冬は東京の春みたいな気候でとても過ごしやすくてとても気に入っています。

今は12月ですが、半袖ハーパンでこの記事を書いています。

気温は26度もありますよ♪

さて、今回は睡眠の姿勢に関して記事を書いていきたいと思います。

 

私がこの記事を書くに至っては睡眠の質をとにかく上げたかったからです。

睡眠の質が上がれば1日のパフォーマンスがあきらかに違ってきますので、

どのようにしたら質を高められるのか毎日考えた時期がありました。

そしてその結果、どうやら睡眠時の姿勢も関係しいるのでは?とある日思ったのです。

「姿勢なんて寝ているのだから気をつける事なんてできないでしょ!」と思われがちですが、

そんな事はなく、意識するだけで改善できます。

それでは、一緒に進んでいきましょう!

[ad#co-1]

睡眠時の姿勢とその効果

 

仰向け

睡眠時で全体の60パーセントの人がこれに該当し、

多くの方がこの姿勢で眠っているのではないかと思います。

がしかし、あまり良くないのが本当のところです。

仰向けで眠ると基本的に楽ではありますが、睡眠の休息目的にはなっていません。

舌が重力で喉の方に落ちていびきの原因にもなります。

また、睡眠時に寝返りをすることによって1日の体の歪みを取り除くということも諸説にある事から、

仰向けではそのような目的を達していなく、疲れが取りにくいと言われています。

うつ伏せ

これは全体の5パーセントの人がこれに該当し意外と少ないなといった数字ですが、

うつ伏せは睡眠時の姿勢では一番良くないです。

体を下にして寝る事から、心臓や胸部を圧迫する原因となりことや首のひねり、腰にも悪い影響を与えます。

柔らかいクッションや枕に顔を埋めて寝るのは気持ちがいいですが、体には悪影響という事がわかります。

横向き(右向き)

待ちに待った横向きです。これは全体の10パーセントの人がここに該当します。

注意してほしいのが、右向きに寝るという事は体の左側が下にある状態です。

この寝方も良くないですね。

なぜなら、心臓が下にあり圧迫しています。

リラックスできる寝方でもありますが、あまり健康ではありません。

横向き(左向き)

これは全体の25パーセントの人がここに該当します。

まさにこの寝方がベストです!!

心臓を圧迫する事なく、リラックスして眠れます。

個人的には目覚めが一番スッキリする感覚があります。

ただ、なぜかな〜?と思いました。

心臓を圧迫しないのは確かですが、その他に理由があるのではないかと思い、さらに調べた結果これを裏付ける興味深いことを発見しました。

それは・・・神経科学の研究で横向きで寝ると脳が老廃物を除去するのに最適な姿勢だということです。

だから左向きに寝ると頭がスッキリしたのではないか、と思っています。

人間の脳はまだまだ解明されていないことが多くあり、脳科学に基づいて納得できることもたくさんあります。

結果には理由があるワケですから、私自身この事の知ってとても納得しました。

[ad#co-1]

睡眠時の頭の位置

 

睡眠時の頭の位置を意識すると、睡眠の質が上がります。

仰向けで寝る場合は、

・後頭部がついている
・顎が上がっている

ことが大切です。今一度自分の頭の位置をチェックしてみてください。

首の骨はきれいなS字の形をした曲線になっていますので、

その状態を崩す事なく頭の位置をセットすることです。

これは横向きでも同じ事が言えます。

横向きの場合、

・仰向け同様、その状態をそっくりそのまま横にする

ことです。

したがって、その状態を保つ事ができる枕が大切になってきます。

どちらの寝方も立っている状態の首の位置を、そのまま寝る姿勢にしてあげることが頭の位置の理想です。

結局のところ、腰痛になる原因は枕が合っていないことが一因です。(マットレスなどの考えもありますが)

まずは頭の位置を意識してみましょう。きっと睡眠の質が大きく変わっていくことだと思います。

まとめ

いかがでしたか?

私自身、睡眠の質をいかにしてあげるべくあらゆることを考え、調べました。

この記事では「睡眠の姿勢」にフォーカスをあてていますけれど、

睡眠を良くする方法はたくさんあります。

日々の睡眠が良くなれば1日のパフォーマンスが上がり、毎日が楽しく過ごせます。

睡眠をおろそかにしてはストレスを溜める原因となり、眠気で集中できなかったりして

あらゆることに支障が出てきます。

人間の体を大きな歯車で例えるなら、その歯車を支えている一つ一つの部品があり

その部品を留めているネジがあります。

大きな歯車に対してネジは小さいけれど、このネジが錆びたり欠けたりしてしまうと

歯車がうまく回らなかったり、最悪の場合機能しなくなります。

このネジを睡眠に当てはめてみれば想像ができます。

今の睡眠を見直す事できっと今以上によくなっていくと思います!

睡眠の質をあげて毎日を楽しくハッピーに過ごしましょう♩

最後までお読みいただきありがとうございます。

[ad#co-1]

関連記事

  1. 禁煙
  2. たばこ
  3. 夜
  4. 120897
  5. ランニング
  6. たばこ