睡眠時間6時間は短い?ベスト?理想や平均に美容ついても!

この記事は2分で読めます

睡眠2

こんにちは、今回は「睡眠」について書いていきたいと思います。

[ad#co-1]

睡眠って本当に大事ですよね。

睡眠時間次第でその日1日のテンションや仕事の効率が
大きく違ってきます。

朝起きて頭がすっきりしないという人だったら
睡眠が大きく関係しているので、一度見直す必要があるかもしれません。

一般的に睡眠時間は個人差があるようで、その人によって適切な睡眠時間というものあります。

ですから、「6時間寝よう」とか「8時間寝よう」と時間を決めて
寝ることは本来は間違い
になります。

ある人は5時間寝れば大丈夫かもしれませんが、
ある人は8時間寝なければ適切な睡眠時間に達しないこともあります。

まず自分はどのくらの時間寝ればいいのか知る必要があります。

数日間試してみて、今の自分はどのくらい寝れば体調が良いのかを
知ってみるのもいいかもしれませんね。

また、年齢によって適切な睡眠時間というものがあるので、
昔は5〜6時間寝れば大丈夫な人でも
現状の体が欲している睡眠時間が8時間だった場合、寝ても疲れが取れないことや
集中力が続かないといった理由が、おそずとわかりますよね。

今の体の必要な睡眠時間を知りましょう。
1日が快適に過ごせるようになると思います。

6時間睡眠では足りない人が多い?理想の睡眠時間は?

[ad#co-1]

冒頭にもありましたが、睡眠時間には個人差があります。

睡眠時間に関してたくさんの実験が行われていますが、
多くの実践結果を集約すると、6時間睡眠より8時間睡眠の方が集中力が圧倒的に高まり、ストレスを
感じにくくなっています。

脳は寝ている間にその日あった出来事や良いこと、悪いことを
処理する時間なのです。

現代人の「ストレス」は多くの場合、睡眠時間の少なさにも比例してきます。

これは、睡眠時間が少ないと脳が処理に追いつていない状況です。

睡眠時間に個人差があることを知らない人は、もしかすると人より多くの
ストレスを感じているかもしれません。

世の中には9時間寝ないとダメなひとだっている!平均時間は?

日本人の平均睡眠時間6〜8時間だそうです。

生まれ持ったその人の性質なので、世間一般の常識に合わせてだいだい6時間程度ん睡眠を取っていれば、それはおかしいとなるわけです。
このように、睡眠時間は日々の生活の中でもの大きく関わっていて、
自分の適切な睡眠時間を知らないということは危険なことです。

人間一人一人、顔も性格も国も違うわけで、どんなことにもいえますが自分に合ったことを
していないとカラダになんらかの影響が出ます。

人生は長く長距離マラソンに例えれば一時的に猛ダッシュしても
途中にクタクタになってしまい
マラソンをするのが苦痛になってきます。

これを1日に例えると納得できるのではないでしょうか?

1日の中にはそれはたくさんのストレスがありますので、
そういったストレスを人間の脳は溜め込まないように、寝ている間に処理してくれるのです。

しかし、ここで問題が起きます。

8時間〜9時間の睡眠時間が作れない人はどうすればいいのでしょうか?

答えは簡単、いままで通り我慢する1日の無駄な時間をそぎ落とし睡眠時間に回すか、あるいは時間に縛りがある仕事を見直すか、この3通りが考えられます。

これは自分自身で考え結論づけることが大事です。

自分のカラダを理解した上で仕事を選んだっていいのではないでしょうか?
私はどちらかといえば、一番最後の意見です。

いまいちど、死ぬまで必要な睡眠について真剣に考える時がきているのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

私がこの記事を通して一番伝えたかった「睡眠の個人差」が存在すること、また
睡眠がどれだけ日常生活に大きな影響を与えてるか理解していただけたと思います。

適切な自分の睡眠時間を試していくと、ある睡眠時間をとった1日が
とても快適だと感じ、1日の調子がすごく良いというのを感じられます。

まずは試してみることをお勧めします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

[ad#co-1]

関連記事

  1. 禁煙
  2. スロージョギング
  3. たばこ
  4. 睡眠リズム
  5. 口
  6. たばこ