睡眠の効率を上げるには時間帯が関係!最適の時間や理想は?

この記事は2分で読めます

夜

こんにちは、ふくたろうと申します!

今回のテーマは「睡眠の時間帯」です。

[ad#co-1]

睡眠時間は日々の生活に大きく関わってきますので、睡眠時間に対しては

多くの方が意識しているのではないかと思います。

日本人の睡眠時間の平均はだいたい6〜8時間といわれ、これくらいの睡眠時間を取らなければ
1日の体調や気分に支障がでてきやすくなります。

しかし、睡眠時間には個人差があってその人にあった睡眠時間というものがあり、
それは性質や年齢によって異なってきます。

世の中には、10時間の睡眠を取らないといけない人だっています。

ですので、睡眠時間に関しては個人差があるので、自分にあった睡眠時間を知ってく事が大事になります。

さて、今回は睡眠時間ではなく、睡眠時間帯について考えていきましょう。

睡眠時間には気を配っているが、睡眠時間帯にはまったくの無知では問題があります。

同じ睡眠時間をとっていても、ある時間帯に寝ていないと、睡眠の質に大きく影響してきます。

では、さっそく参りましょう〜!!

[ad#co-1]

22時から2時

 

睡眠の質を上げるには22時から2時までの時間は寝ていることで
成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンには、いくつかの効果があってその中でも「脳の疲労回復と肉体の回復」にフォーカスをしていくと、

睡眠時間帯がいかに大切な事かお分りいただけると思います。

見出しにありますように、22時から2時という時間帯には、お気付きの方もいるかと思いますが、
この時間帯に成長ホルモンがたくさん分泌されます。

したがって、理想の生活は22時には就寝することがいいというわけなので。

この素晴らしい成長ホルモンは、思春期後期をピークにして
だんだん減少していきます。

大人はただでさえ成長ホルモンが減少していくのにもかかわらず、
22時から2時の絶好のチャンスを逃していては、カラダや脳が回復するはずがありません。

この時間帯を知ったことで、日々の睡眠を改めるきっかけにしてみてはどうでしょう。

自分に必要な睡眠時間を知って22時に寝る

 

これらの情報を集約して、一番ベストな睡眠法を結論づけました。

22時になられないという人は、雑務ややるべき事は朝にしちゃいましょう。

朝の方が効率が上がるので、夜にするよりも格段に早く終わらせられると思いますし、
やっぱり人間は大昔から日の出とともに起きて、日没とともに活動をやめる生き物です。

細胞レベルでそうなっているので、きっとその方が健康になっていくのだと思います。

江戸時代まではそういった生活でしたが、電気の発明によって人類の生活は大きく変わっていきました。

しかし、生活が便利になった反面、失う事も当然多くあります。

その一つに人間の健康があります。

ですから、本来あるべき人間の生活リズムをしていけば自ずと健康になっていくと思うし、
目指すところはその生活のような気がいたします。

22時から2時の間に成長ホルモンが出ることは、この先のずっと変わる事のない事なのですから
私たち一人一人が合わせるほか手段はありません。

その時間に「脳とカラダが回復」することが科学の力でわかっているのだから、
22時から2時の間に寝ないともったいないのです。

今日のまとめ

 

これらを意識して、日々の生活をよりよくして

毎日を楽しく過しましょう!

体調がよくなれば、毎日がもっともっと楽しくなります。

睡眠の時間帯を意識できれば、あなたは睡眠上級者の仲間入りです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

[ad#co-1]

関連記事

  1. 禁煙
  2. 120897
  3. スロージョギング
  4. たばこ
  5. ランニング
  6. 睡眠リズム