部屋掃除のやる気やモチベーションは?運気や捨てる順番についても!

この記事は3分で読めます

掃除

こんんちは、ふくたろうと申します!

いつもお読みいただきありがとうございます!

今回のテーマは「部屋の掃除」です。

部屋の掃除でいったいどんなことを書くんだよ!このダボが!と思われるかもしれませんが、

意外にこれから書くことの需要があるということが分かり興味をもってたので書いていきたいと思います。

それではさっそくまいりましょう〜!

[ad#co-1]

 

掃除をしよう思ってはいるんだけれど・・・

 

部屋の掃除をしようと思ってもなかなかできないんです、これが。

そんなの楽勝だよ!という方にはわからないかと思いますが、この類のお悩みをもっているかたはた非常にたくさんいるといった印象です。

そこで、まずは掃除をするという始めの一歩の足を限りなく軽くさせることが私の意図でございます。

そもそも、掃除ができないというはどういう心理なのか見ていきたいと思います。

まずはじめに挙げられるのが、
・面倒
・やる気がしない
・汚い方が落ち着く
・時間がない

ざっとですが、トップ4はこんなかんじではないでしょうか。

これらの気持ちを総括しますと、「掃除をする価値を感じていない」という風に捉えられます。

なんのために掃除をするのか、ただ片付くぐらいならば多少汚くても構わないという心理がわかり、これらの人に伝えたいことがあります。

それは・・・運気です

「いきなり運気といわれても・・」

確かにそう思われるかもしれませんが、掃除と運気は密接な関係があります。

まず第一に、運気とは自分で作り上げることができるということです。

もっというならば、幸運は自分次第で引き寄せられるということにも話がいきつきます。

では、運気と掃除の関係性はいったいどういうことか次の章でみていきましょう。

 

掃除をすることで運気が上がる?!

 

さて、前章では掃除をすることで自分自身の運気をあげることができるといいました。

どういうことかというと、

運気を高めるには自分自身が心身ともに清らかでいる必要があります

幸運お神様は清潔のところが大好きです。

幸運の神様は心がキレイな人が大好きです。

部屋をきれいにするということは幸運の神様を居場所をつくる意味もありますし、また、キレイで清潔な部屋を保っていれば生活していて気持ちが楽になります。

生活空間というのは非常に大切で、なにげない掃除があたなの心を左右させていることに気づく必要があります。

掃除をしてキレイな部屋で目覚めれば、朝からとても清々しく気持ちよい気分になって1日の始まりが爽快です。

また、例えば疲れて仕事から帰ってきたとき部屋がキレイならば、なんとなく気分がよくなるか、少なくともそれ以上に下がることはないですよね。

万が一、これが汚い部屋だったら、疲れて帰ってきた時、汚い部屋や片付いていない部屋を見たら、その疲れからさらに疲れてしまいます。

そういった意味でも部屋の掃除や片付けはとても大事なことなのです。

 

モノが捨てられない

 

部屋の掃除や整理ができない人の特徴として、「捨てられない」ことが挙げられます。

いたって普通に考えてば、生活していくうちにモノは増えていきますので、増えた量はその分減らさないと溜まりに溜まっていってしまいます。

どれも大事で必要だから買ったのはわかりますが、それだといつまでたっても溜まっていく一方です。

人間のカラダもたくさん食べれば肥満になって脂肪が蓄えられますよね。

脂肪を減らしたかったらダイエットをしますよね?

このことと同じで、いつかその時はくるのです。

常日頃から過剰に意識しなくてもいいのですが、ある時立ち止まって見つめなおすことは大事なことです。

部屋のダイエットは定期的に。

モノをみて、「これは本当に必要か」と3度問いかけてノーならば、速攻捨てましょう!

一番オススメなのが、生活空間には必要最低限のものしか置かないことです。

たいていは日常生活で不必要なものも出されたりしているので、そういったものは収納し、必要な時だけに取り出してまた収納していきます。

捨てる順番は、そのものを見て「いるかいらないか」と優先順位をつけてしまえばいいのです。

[ad#co-1]

 

今日のまとめ

 

いかがでしたか?

掃除はたしかに手間ではありすが、面倒という気持ちなくしていきましょう。

どちらかといえば、掃除をすることよって運気が上がっていき、あなたの人生を彩ってくれるものなんです。

掃除の強力な効果は知っている人は知っていますよ!

ぜひ明日からさっそく始めちゃいましょう!

最後までお読みくださりありがとうございます。

[ad#co-1]

関連記事

  1. 鎌倉
  2. 集中
  3. 習慣
  4. 瞑想2
  5. 掃除
  6. 吉武広樹