習慣づけるといいことって?その方法とは?意味や期間についても!

この記事は3分で読めます

習慣

こんにちは、ふくたろうです!
いつもお読みいただきありがとうございます!

今回テーマにするのは「習慣」にまつわることです。

何か新しいことを始めたいけれど長く続かないお悩みのあなたへ魔法の薬をさしあげましょう。

習慣を継続させるための考えをもつことで、一時的なモチベーションから下がることなくその状態を維持させて継続し、習慣づけるという流れを出来れば誰でも簡単にできてしまいます。

それではさっそくまいりましょう〜!!

 

習慣づけるといいこととは?

 

私もあなたもそれぞれなにかしらの習慣をもっていますよね。

例えばそれは身近なことだと歯磨きや睡眠、食事、起きる、とこれらの類に関しては広義にわたりますが、立派な習慣です。

そもそも習慣とはウィキペディアから拝借しますと、「ある事が繰り返し行われた結果、そのことがしきたりになること」(Wikipedia一部引用)とあります。

つまり行動を繰り返す事でそのものが固定化されることなのです。

なにかをする時に思考より先に行動してしまうことが習慣とも言えますので、新しくなにかを習慣付けていくには繰り返し反復させ体に染み込ませる事が一番大事な事です。

どんなことでもこの習慣づける力をもっていれば人生で大いに役立ちます。

習慣づける技を習得していれば、それほど人生の中で強みはありません。

結局のところ物事を継続していってからそれが習慣となって自分の血肉になるから、継続させたいことを習慣レベルまで落としてしまえばすごく楽になります。

そして、また新しいことを継続させる方に力を注ぎ、それを次第に習慣レベルまで落としていく、という作業になりますね。

ですから、なにか新しい事を始めるためには早い段階で習慣レベルまで到達させてあげる事が一番の目標達成の近道になるく加え、挫折ということがなくなります。

これはとても大事な事で、なにか新しい事を始めても続かなくそのものを辞めてしまう事は残念ながら実際にあることです。

私にも経験がありますし、きっとあなたにもあるだろうと思います。

そうして辞めてしまった事の多くは継続さえしていればなんとかなったことが多いというのもミソ。

すべては継続させなかった事で習慣になれず、結果が伸びずに辞めてしまうことにあります。

続けていけば今とは違う状況になることをわからず、目の前の壁にやられてしまっているだけのことです。

ですから、自分は何事も続かない、自分は決めた事を継続できない、という人は意識レベルに落とし込んであげると思いの外、なんなく継続させる事ができます。

継続さえしていれば進む歩幅は人それぞれ違えど、確実に現状から前に進んでいるので目標に近づいています。

挫折とは失敗ではなく、諦めてそのものを辞めてしまってことをさすので、継続さえしていれば挫折は無縁の言葉になっていくわけです。

[ad#co-1]

 

習慣には「平常心」の心

 

習慣づけるにはとにかく継続させ体に染み込ませる必要がありますから、どんなことも最初は慣れないもので時には億劫になってしまいがちですが、しっかりと継続させていく事で慣れていきます。

よくある例として、初めの頃はやる気満々な状態が次第に日が経つにつれ、当初の気持ちはどこにいったのだかモチベーションが下がってしまいます。

結構多いのではないでしょうか?

習慣付けたい事は一時的の気分で左右されないくらいの気持ちがなければ、とてもじゃないけど長い人生で怠ってしまう可能性がありますね。

つまり気分や気持ちで左右されなければいいのです。

それはモチベーションは無理に上げず、平常心で取り組む事が習慣付くまでのスピードを速めます

モチベーションを上げるのはなにかを始めようとした瞬間だけで、それをどう取り組むかについて考えるときには平常心になっていることです。

このときにモチベーションが上がったままだと考えが飛躍して高い目標設定になりがちなのです。

このことを裏付けるのが、スタンフォード大学のBaba Shiv教授は「人は、やり過ぎたと感じた瞬間にすぐにやめてしまうもの」を話している事です。

確かに共感できますね。

 

38度の平熱

 

何かやろうと意気込むときのモチベーションを体温で例えるとすれば36度の平熱の人が38度の高熱になっている状態なのです。

高熱を出したことが誰しもあると思いますが、これが「三日坊主」の正体なのです。

やり始めというのは、一時的にモチベーションを上げて38度の高熱になっているだけなのです。

ですから、その熱は体の仕組みを同じでやがて下がっています。

そうだとすると36度になったら振り出しに戻る事を意味しますので、そんな改善策として私は38度を平熱にすることをおすすめします。

それが普通だというレベルにしてしまい、習慣にしていくのです。

38度を平熱にしてしまえば取り組む事は変わらず、平熱という平常心で気分に左右されなくなります。

平常心で物事を取り組む事が「継続」の秘訣なのです。

毎日毎日一喜一憂してもしかたがありませんので、いきに平常心でやれるかが本当に大事なんです。

38度を平熱の正体はこういうことです。

 

今日のまとめ

 

いかがでしたか?

継続の先に習慣があるので、いかにして習慣まで早く到達させることが目標達成や継続させる秘訣になります。

人間は適応能力があるので継続していければ必ず習慣づきますから、それまでをとにかく頑張る事です。

頑張るという意識をもちつつ、それを気分には出さない方が物事の継続を加速させます。

 

当たり前レベルでやると、「あーこんなものか」とうことがわかってきます。

今までは自分がパニックになっていただけなんだということに気づきますよ!(笑)

 

私自身もそうでしたので!

最後までお読みいただきありがとうございました。

[ad#co-1]

関連記事

  1. 心
  2. 掃除
  3. 瞑想
  4. 瞑想2
  5. 鎌倉
  6. 掃除