心で感じるものこそ本物!人生の本質を見抜いて幸せな毎日を

この記事は2分で読めます

心

いきなりですけれど、今あなたは心から満足と言える生活を送っているでしょか?

お金のことは度外視して考えてみてください。

noならば人生の限られた時間がもったいないので今すぐにでも考え直し、明日からすぐに行動を起こしたほうがいいでしょう。

誰にでも必ず死はやってくることは避けられない事実で、人が生まれてから死ぬまで約3万日と言われています。

25歳の方ならばおおよそ1/3が過ぎ去っています。

50歳の方ならばおおよそ2/3が過ぎ去っています。

これの数字をどう捉えるかはその人個人の自由ですが、人生はあっという間に過ぎ去ってしまうのです。

今日のあなたはなにをしていましたか?

考えられないかもしれませんが、もし明日死んでしまうとすれば今自分がやっていることに後悔はしませんか?

本当の幸せなど誰もわかりません。

ある人が幸せに思うことは、ある人にとっても無意味なもので幸せとは感じられないことだって当然のことながらあります。

そうだとしたらなにが”幸せ基準”になるのでしょうか?

それについて、私はある時期真剣に考えたことがあります。

そしてその結果「心で感じるものこそ本物」ということに気づきました。

それからというものそのことを常に意識しました。

頭が考えることは大抵本当の自分がしたいことではありないので、考えることではなく感じることを優先させていきました。

そうすることで不思議と”自分の人生の本質”が見えてくるようになったのです。

夢や希望がないという人がいたならまずは自分の道理に反するものをそぎ落としていくと今まで見えていなかったものが見えていきます。

人は誰しも必ず死にます。

一度本気で「死に」ついて考えてみたら明日からのあなたは変わっていきす。

これは脅しでもなんでもなく、現に私がそうだったから声を大にして言いたいのです。

スポンサードリンク
[ad#co-2]

今私はこの記事をふと書いています。

場所は沖縄の公園です。

私は今の人生は満足しています。

もちろん現状維持ということではなく、人生についてしっかり見つめ直して、ある時がらっと自分が変わった時がありました。

自分でも驚いています。

この記事を読まれた方はきっとなにかの縁かもしれません。

たった一人の人でも心に響いたのなら、私はこの記事を書いて心から満足です。

私の文章が顔も見えない誰かの人生を変えるきっかけになれたのならば、こんなに嬉しいことはありません。

普段ブログにはこういったことは書かないのですが書き綴ってみました。

自分の人生に自信もつことは素晴らしいことです。

人生の主導権は自分にあることを忘れてはいけません。

社会が奪う最も貴重なものは時間です。

私たちは本当の自分を取り戻し、真の意味で所有する必要があります。

そのためには情熱が必要です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
[ad#co-2]

関連記事

  1. 瞑想
  2. 習慣
  3. 鎌倉
  4. 瞑想2
  5. 掃除
  6. 集中