瞑想のタイミングは朝が効果的!今話題の朝座禅を詳しくご紹介!

この記事は2分で読めます

瞑想4

こんにちは、ふくたろうです。

最近反響が良かった「瞑想」を取り上げていみたいと思います。

「瞑想」ですが、残念ながら認知度こそありますが、まだまだその存在自体に疑問の念を抱いている方が非常に多くいらっしゃいます。

その最大の根幹には「何が本当なのかわからない」「うさんくさい」「試したものの、効果が実感できない」という声を耳にします。

したがって、まずは瞑想とはなんぞや?という基礎知識を深めて、どうして瞑想をするのかという目的意識を再確認することで、瞑想の意義がわかるようになるのでは、と思っている次第であります。

それではさっそくまいりましょう。

【瞑想は生活の質を高めてくれる】

私自身瞑想は日々の生活の一部として取り入れていますし、瞑想をすることによって”私の生活の質を高めてくれます”。

最近では起業家や経営者の方も多く実践しています。

起業家や経営者というのは、自分自身の気持ちや心のあり方や健康などなど、自分の行動次第で結果が大きく左右される人生を送っているため”メンタル”がとても大事な方なんです。

いってみれば「生きるか死ぬかのが常に隣り合わせ」な状態。

私は個人で仕事をさせていただいておりますが、やっぱり日常の気持ちのあり方は非常に大切になっています。

仕事を走り過ぎても視野が狭まり冷静な判断ができなくなりますし、反対にたらたらと歩いていては後続から追い越されるだけです。

ですのでうまい具合に取り組んでいかなくてはなりません。

そういった気持ちの切り替えには「瞑想」がとても効果的で、この効果を知っている人は知っていますし、実践している人は実践しています。

話を仕事に主軸を置いてこれまでお伝えしていますが、瞑想の効果はなにも仕事だけに限らず日々過ごす日常のあらゆることにも直結します。

瞑想 3月

例えば、「目標達成したい」「人生の幸せに生きたい」「何かに集中したい」「生きる目的とはなんぞや」などなど様々なことにつながり効果を発揮します。

ただ、しばしばメンタルと鍛えると同意義として捉えられることがありますが、「瞑想」は「メンタルを鍛える」とは別物と考えてください。

メンタルと鍛えるとは簡単に言うと、”打たれ強くする”や”気持ちを維持する”というニュアンスがありますが、瞑想は”あるものを無にする”といった感じでしょうか。

私が好きな言葉を用いると「自分と繋がる」というものがあります。

瞑想の目的の一つとして、このことは非常に大切なことなので是非覚えておきましょう。

スポンサードリンク
[ad#co-2]

【私が朝の時間を勧める訳】

朝2

まず朝という時間は1日の中で一番”神聖な時間帯”だということ。

前夜に太陽が沈み夜が更け、人は眠りにつきます。

私たち人類は、太古の昔から太陽が昇るとともに活動し日が沈むとともに休息へと向かいます。

人類は遺伝子レベルですでの生まれた時からそういう具合にプログラミングされています。

話を戻しましょう。

朝は空気が汚れていなく、1日の中で一番エネルギーがあふれる時間帯でもあるのです。

朝目覚め、1日を活動するエネルギーが最も高い時間に瞑想をすることによって瞑想の効果を最大限に引き上げるのです。

人間は起きてから寝るまでそれはもう数え切れないくらいの情報量の脳みそに入ってき、要らない情報まで能みそへ入っていています。

したがって、朝目覚めて脳みそへの情報が少ない時に瞑想をすることで効果が上がるという訳です。

また、朝に瞑想をすることによって気持ちが整いますし、1日のクリアな状態から過ごせることが魅力。

仮に前日の失敗があったとしても翌日にはそのことを引っ張らずクリアになります。

私は瞑想から派生して、1日の目標やテーマなどを設定・確認をしています。

すると充実した1日が送れるようになり、そうすることによって日々成長していき自分を取り巻く環境が理想の環境へと変化し、目標達成へと繋がっていきます。

瞑想3

「朝の座禅は現状を変え、理想の未来へと導いてくれる」

私はこう捉えています。

朝瞑想で理想の未来へ。

あなたの幸せを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク
[ad#co-2]

関連記事

  1. 集中2
  2. 目標達成
  3. 集中3
  4. 集中4