筋肥大の期間には炭水化物とカロリー?トレーニングにメカニズムも!

この記事は3分で読めます

ハンバーガー

トレーニーのみなさま、こんにちは!
波乗り野郎のふくたろうです!

今日私は、沖縄県那覇市にいます。
明日はクリスマスだというのに、ここは26度もあってまさに南国です♩

さて、今回のテーマは「筋肥大」です。
筋肥大とは筋肉を大きくすることをいい、トレーニングをしている方は
いかにして筋肥大を起こすかがトレーニングのテーマをなってきます。
この記事を読まれている方はトレーニングに対してきちんとした知識があると思いますが、
中には知識が不十分のままただ闇雲にトレーニングをしている人もいます。
しかし、そのような方は思うような成果は出ていません。断言できます。
反対に、知識をちゃんとつけて筋肉のメカニズムがわかっている人というのは
自分の望む成果がきちんと出ていると思います。

そこで、「どうしたら筋肥大を起こせるか」このことについて、
考察していきましょう。
知らない方はきちんと理解して、知っている方も確認として
読み進めて頂ければと思います。

それでは、参りましょう!

[ad#co-1]

筋肉がつくメカニズムとは?

 

まずはここから話を進めていきたいと思います。わかりやすく箇条書きにしてみました。

・筋トレによって筋肉が破壊される

・筋肉が「これではだめだ、さらに強い筋肉を作らなければ!」となる

・筋トレ前よりちょびっと筋肉がつく

・これの繰り返し

と、こんな感じで筋肉はついていきます。
筋肉の修復が起きることを超回復というのご存知の通りですが、
これを数十回、数百回と繰り返して筋肉はついていきます。
今の現状から筋肥大を起こしたければ、少なくとも変化を感じるまで
3ヶ月かかるといわれています。
これは私の体感としても、だいたいそのくらいの期間でした。
ですから、そう簡単に筋肉はつかず長い目でトレーニングをやっていく必要があります。

栄養6:トレーニング4の比率

 

筋肉がつくメカニズムがわかったところで、次に栄養(食事)の重要性について考えていきましょう。
タイトルの比率からわかる通り、筋肉をつけるためには栄養が本当に大事になってきます。
食事・栄養を軽んじている人は筋肉はつきませんし、筋肉をつけるには栄養が大前提になってきます。
トレーニングはあくまで筋肉を壊す作業なので、とにかく筋肉をぶっ壊す事が最大の目的になり
仮にいいトレーニングをしたとしても、栄養補給が100点でなければただ体が疲れる無駄な時間となります。
もちろん、トレーニング・栄養どちらも大事で、両方が合わさって筋肉がつくのですが
比率から考えれば栄養の方が大切です。
私なんかはちなみに、トレーニングを週3〜4から週2に留めましたが
以前より明らかに筋肉がつきました。
週2に留める代わりに徹底的に栄養を強化したのです。
食事もトレーニングという意識を高くもって取り組んだ結果、効果はてき面でした。

[ad#co-1]

カロリー摂取は不可欠

 

筋肥大を得るには、適切なタンパク質とたくさんのカロリー(エネルギー)が必要になってきます。

よくなりがちなのが体を締まったまま筋肥大を得ようと、安易な考えをしている人がいますが
そのようでは良い筋肥大は見込めません。
筋肥大の過程である程度の脂肪がつくのは避けられないのです。
締まったカラダで筋肉がある状態を目指すのであれば、ある程度筋肥大が進んだところで脂肪を落とし
筋肉を残す方法が一般的です。
ですから、筋肥大を起こすにはたくさんの炭水化物(エネルギ−)が必要不可欠になってきます。

筋肥大過程で十分なカロリーを摂らないと・・・

 

筋肥大には、適切なタンパク質量とたくさんのカロリー(エネルギ−)が必要なことがわかりましたね。
そこで、カロリーを十分に摂らないとどうなるか?この事を考えていきましょう。
単刀直入にいうと、はっきり言って筋肥大は起こせません。
または、筋肥大の効果がごくわずかです。

ご説明します。
例えば、ある人が十分なトレーニングをしていたとします。
また、タンパク質もその人の必要摂取量を摂っていたとします。
しかし、1日のエネルギーを見落としていた時、タンパク質は筋肉を修復にはいかず
カラダのエネルギーとなって消費してしまいます。
どういうことかというと、筋肥大には多くのエネルギーが必要になり
不足したエネルギーはどこからカバーするのかというと、筋肉栄養となるタンパク質から拝借するのです。
タンパク質が筋肉の材料とわかっていたが、皮肉にもそのタンパク質は筋肉に届かず
生命を維持するエネルギーに代わっていった
、というワケです
筋肥大を求めるならば、体重を増やしていく姿勢が筋肥大の効果を最大限に引き起こします。

まとめ

 

いかがでしたか?
筋肥大にはカロリーの存在が非常に大切なことがわかったと思います。
トレーニングは私も普段からしているので、その大変さは痛いほどわかります。
そのトレーニングを無駄にしないためにも、知識武装は身にしみるほど大事です。
同じ期間、同じトレーニングをして成果が分かれるのは、どこかに問題があるのです。
今回は筋肥大にフォーカスしましたが、他のことにも同じ事が言えます。
きちんとした方法で成果を最大限にだすためにも、知識武装をしていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

[ad#co-1]

関連記事

  1. 三頭筋
  2. 免疫力
  3. 限界2
  4. はてな
  5. 二頭筋
  6. やる気