筋トレ後のストレッチは毎日必要?しないと筋肉痛?有酸素のタイミングも

この記事は2分で読めます

ストレッチ2

トレーニーの皆様、こんにちは!
ふくたろうと申します。

今回のテーマは「筋トレとストレッチについて」です。

トレーニング後のストレッチはしたほうがいいのか?

するとしないではどう違ってくるのか、考えていきたいと思います。

それではさっそくまいりましょ〜!

[ad#co-1]

ストレッチをしないとどうなる?

 

トレーニング後にストレッチをしない人は意外と多くいます。

トレーニング終了と同時に足早にジムを去って行く人は、トレーニングをしているものとしてどのような知識をもっているのか、はたまた疑問が残ります。

ストレッチは体のメンテナンスにはとても大事なことで、激しいトレーニングを行なっている方には欠かす事のできないことに加え、毎日を丈夫な体の維持と怪我の防止を継続させるために非常に大切です。

トレーニング後にストレッチをしない人は、筋肉が硬くしなやなかではない筋肉がつきやすくなります。

固い筋肉だと伸縮性に優れず、怪我をしやすくなる傾向があり、筋肉の可動域にも制限がかかります。

ですので、トレーニング後にはストレッチはかかしてはなりません。

別に入念にしなくてもいいので(越した事はないが)、毎回筋トレ後にストレッチをする癖をつけましょう!

そうすることによって怪我のリスクは格段に減っていきます。

 

トレーニング前のストレッチは何の意味があるの?

 

いわゆる準備体操ですが、これは筋トレに限らず運動を始める際に筋肉に対して「これから運動を始めます」という合図で、体を運動モードに切り替える儀式でもあります。

また怪我の予防にもなります。

運動の前後はストレッチをしていきましょう!

ストレッチを毎日する癖をつければ筋肉のつき方や使える筋肉の可動域も広がっていきます。

また、トレーニング後にストレッチをきちんとすれば筋肉痛の度合いも軽減されるので、トレーニングの頻度や質が上げっていきます。

有酸素運動と筋トレ

 

筋肉をつけたけれど、有酸素運動をして脂肪も落としたいという方がいらっしゃいますので、それについてお答えしていきましょう。

まずはじめに、筋肉をつけるのか脂肪を落としたいのかを決める必要があります。

・筋肉をつけたい場合・・・有酸素運動の前に行う。

・脂肪を落とすorダイエット・・・筋トレ前に行う

おそらくここでは筋トレをメインにした人が多くいらっしゃいますと思うので、有酸素運動を行うタイミングとしては筋トレ後になります。

 

気をつけたいストレッチの種類

 

あまり知られていませんがストレッチの種類には2つあります。

・動的ストレッチ

・静的ストレッチ

それでは動的ストレッチの方から見ていきましょう。

動的ストレッチとは運動前に行うストレッチの事をさします。

このストレッチの目的は、体や筋部位に「これから運動しますよ!」という合図になりますので、比較的ある程度の動作を伴います。屈伸やアキレス腱伸ばしなど、イメージとしては「ラジオ体操」の動きのストレッチになります。

運動前のストレッチは、ラジオ体操は完璧だと思いますね!

次に静的ストレッチについてですが、これは運動後に行うストレッチのことをさします。

目的は、体に「運動が終わりました」という合図で、使った筋肉のケアを目的をします。

また、就寝前にストレッチをすることはとてもよく、これの場合は静的ストレッチになります。

静的ストレッチは「ゆっくり」「リラックス」ということがテーマですので、深呼吸しながら体の力を抜いて行うと効果増大になります。

[ad#co-1]

 

今日のまとめ

 

いかがでしたか?

ストレッチには運動前に行う動的ストレッチと、運動後や就寝前に行う静的ストレッチがありましたね。

それぞれに目的にあった使い分けをしていきましょう!

体があっての自分です!ケアは怠る事なくしていきましょう!

最後までお読みくださりありがとうございました。

[ad#co-1]

関連記事

  1. やる気
  2. ハンバーガー
  3. 免疫力
  4. 限界2
  5. 三頭筋
  6. 二頭筋